気持ちを受けとる

北海道はこのところ寒い日が続いていますが、冬至を過ぎ、少しずつ日が長くなっていくことを思うと気持ちが明るくなります。

 

札幌駅では個人だけでなく団体旅行の方の姿も多く見かけるようになり、活気が戻りつつあることを実感します。

 

そんななか先日電車内で、小学校低学年くらいの男の子とお母さんが楽しそうに話をしていました。

聞こえてきた会話の様子から、北海道外への旅行から帰ってきたところのようでした。

 

お母さんのスマートフォンで動画を見ていた男の子がふと、「そういえば北海道に着いたことLINEとかで連絡しなくていいの?」と言いました。

 

なんてしっかりした子なのだろうと驚きましたが…ただ単にしっかりしているというだけではないような気もしました。

 

北海道に着いたことを連絡する相手は男の子のおじいちゃんやおばあちゃんと思われるのですが、滞在中に優しくしてくれたり、帰りの見送りのとき北海道に無事に到着するよう願うおじいちゃんおばあちゃんの自分(男の子)に対するあたたかい思いをきちんと受けとめられていたからこそ、あの発言が出たのではないかと思います。

無事に着いたことを伝えて安心してもらいたいという男の子の気持ちを感じ、素敵だなと思いました。

 

そして、相手の気持ちをしっかりと受けとめることは、心身と時間に余裕がなければできないと自分を振り返って思います。

 

余裕のないときもありますが、自分の状態が良ければより多くのことを受けとめたり気づくことができるはずなので、まずは自分が元気でいられるよう今後もあらゆる方法を試していきたいと思います。

 

2021年もお世話になりありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です